, コンテンツにスキップする

JPモルガン、北米投資銀行部門で幹部人事-空席ポスト埋める

米銀JPモルガン・チェースは空いていた投資銀行業務の一部ポストに担当者を選任したほか、グローバルチェア職で構成される投資銀部門の執行委員会にベテラン2人を昇格させた。

  19日の同行社内文書によると、チャーリー・ブッカート、マーク・マレンゴ両氏が北米ダイバーシファイドインダストリーズの共同責任者に起用された。同地域の投資銀部門責任者フェルナンド・リーバス氏の直属となる。

  両氏はジェームズ・ロッディー氏の後任となる。同氏は法人顧客バンキング・スペシャライズドインダストリーズのグローバル責任者となるため、昨年12月に商業銀行部門に異動していた。

  別の社内文書によれば、JPモルガンはこのほかピーター・エンゲル、エリック・オーケン両氏を、投資銀行部門のグローバルチェアに起用。執行委員会に加わり優良顧客への対応や若手バンカーへの助言などを行う。同委員会は昨年創設されたもので、カルロス・ヘルナンデス氏が率いている。

原題:
JPMorgan Names New Leaders in North America Investment Banking(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE