, コンテンツにスキップする

ファイザーとビオンテック、容易なワクチン貯蔵でFDAに許可申請

ファイザーと独ビオンテックは共同で開発した新型コロナウイルス感染症(COVID19)のワクチンについて、通常の薬用冷凍庫の温度で2週間貯蔵することができるよう米食品医薬品局(FDA)に許可を申請した。認められれば、同ワクチン配布の簡素化につながる可能性がある。

  両社は19日、ワクチンをセ氏マイナス25-マイナス15度で貯蔵したときの安定性を示す新たなデータを提出したと発表した。現行の手順では、超低温冷凍庫を使用してセ氏マイナス80-マイナス60度の温度で最長6カ月間貯蔵し、特別な保冷コンテナで配送することになっている。

  メッセンジャーRNA(mRNA)技術を用いたワクチンに必要とされる低温貯蔵は、特にこうした必要不可欠なインフラが整備されていない諸国において、ワクチン接種の取り組みを複雑にしている一因となっている。

ファイザー製コロナワクチン、1回接種で有症候性感染85%減-医学誌

原題:
Pfizer, BioNTech Ask FDA to Approve Easier Vaccine Storage (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE