, コンテンツにスキップする

アップル、磁力で装着するiPhoneバッテリーパックを開発中-関係者

アップルは最新の「iPhone(アイフォーン)」向けに磁力で装着が可能なバッテリーパックの開発を進めている。ワイヤレス充電式のモバイルバッテリーとなり、アップルとしては収益性の高い新たな拡張商品となる可能性がある。

  この商品について知る複数の関係者によれば、アップルは1年以上開発に取り組んでおり、アイフォーン「12」シリーズの発売から数カ月後の投入を予定してきた。「12」は昨年10月に発売された。

  バッテリーパックは「MagSafe(マグセーフ)」と呼ばれるシステムを用い、「12」の背面に磁力で装着する。関係者の1人によれば、一部のプロトタイプは外装が白いゴム製になっている。この商品がまだ公に発表されていないとして、関係者らは匿名を条件に語った。新しいバッテリーパックが従来のアイフォーン向けバッテリー拡張商品と異なるのは、新商品が追加充電の機能のみで、保護ケースとしての役割はそれだけでは十分に果たさないという点だ。

  社内の試験では、マグセーフ機能の装着力は十分強く外れることはないことが証明された。ただバッテリーパックが過熱状態にあるとアイフォーンが誤って認識するなどソフトウエア面での問題が複数あり、開発が遅れているという。このほか、アイフォーンのケースを付けた場合とそうでない場合という異なる状況に関連した問題の修正にも取り組んでいる。

  開発面での課題が残っていることから、最終的に発表が遅れる、ないし開発自体が中止になる可能性もあると関係者らは語った。アップルの広報担当はコメントを控えた。

原題:Apple Is Working on Magnetic Battery Pack Attachment for IPhones(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE