, コンテンツにスキップする

ルノー、2021年が困難な年になると予想-20年通期は過去最大の赤字

From

フランスの自動車メーカー、ルノーの2020年通期決算は過去最大の赤字となった。主力市場の欧州で、新型コロナウイルスの感染拡大を抑制するための制限措置が自動車販売に打撃を与えた。

  20年通期の純損益は80億ユーロ(約1兆円)の赤字。アナリスト予想(78億5000万ユーロの赤字)を上回る赤字となった。損失の多くはロックダウン(都市封鎖)で自動車出荷が打撃を受けた1-6月(上期)に生じた。

  ルカ・デメオ最高経営責任者(CEO)は発表資料で、「公衆衛生上の危機や電子部品の供給不足を巡る不確実性を踏まえると、21年は困難な年になる見込みだ」と指摘。「優先事項は黒字化とキャッシュ創出だ」と説明した。

  ただ、ルノーは昨年7ー12月(下期)に事業は大きく改善し、営業利益率が3.5%、自動車部門の営業フリーキャッシュフローがプラスになったと明らかにした。

原題:Renault Warns of Difficult Year After Record Loss (Correct)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE