, コンテンツにスキップする

米寒波、トヨタなど日系3社のメキシコ生産に影響-天然ガス不足など

  • 寒波で暖房需要増、米から天然ガス供給制限で工場稼働停止要請も
  • トヨタ、ホンダ、日産は米国の生産拠点でも一部稼働休止に踏み切る

米国南部の強い寒波の影響がトヨタ自動車など日系自動車大手3社のメキシコでの生産にも広がってきた。

Texas' Gas-Export Clampdown Shocks Market As Blackouts Drag On

テキサス州オースティンで凍結した道を歩く人。寒波の影響で天然ガスの供給が制限されるなど影響が拡大している(2月18日)

Photographer: Thomas Ryan Allison/Bloomberg

  トヨタ自動車広報担当の橋本史織氏は19日、米テキサス州の寒波に伴うサプライチェーンへの影響や天然ガス不足を受けて、メキシコのグアナファト州とバハ・カリフォルニア州の工場で今後数日間、生産シフトの削減などを実施すると明らかにした。寒波の影響でテキサスとミシシッピ州の工場で18日の全てのシフトを休止したという。

  ホンダもメキシコのセラヤ工場が17日の昼勤から今週いっぱいの稼働停止となると明らかにした。米国では寒波により暖房需要が増加している。同社の広報担当者によると、テキサス州からメキシコへのパイプラインを通じた天然ガスの供給が制限されたことを受け、工場の稼働停止を州政府から要請されているという。

  ホンダでは米オハイオ州の工場の第2ラインとアラバマ州の工場の第1、2ラインで18日の稼働を停止している。

  日産自動車広報担当の百瀬梓氏は、寒波の影響でメキシコのアグアスカリエンテス工場の第2ラインで、当初3月に予定されていた生産停止の一部を2月に前倒しして実施していると明らかにした。米ミシシッピ州のキャントン工場とテネシー州スマーナ工場は18日は終日稼働停止。19日朝のシフトも停止した後、午後から再開を見込む。

関連記事
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE