, コンテンツにスキップする

ビットコイン、ガンドラック氏も乗り換え-金の「強気」から心変わり

  • 金に強気、ドルに弱気だったが半年余りは両方に「中立」とツイート
  • ビットコインは高値更新続くが金価格連動型ETFからは資金が流出

米投資会社ダブルライン・キャピタルのジェフリー・ガンドラック最高経営責任者(CEO)は、金に対する長年の強気姿勢で知られるが、暗号資産(仮想通貨)ビットコインへの投資の方が優れたトレードだと考えを変えた。

  ガンドラック氏は「長年にわたり金に強気、米ドルに弱気の姿勢を続けてきたが、最近半年余りは金、ドルの両方に『中立』だ」とツイート。新型コロナウイルス感染症のパンデミック(世界的大流行)の下で金融システムに資金の波が押し寄せ、ビットコインが急騰する状況について、「ロート(じょうご)に大量の流動性が注がれ、激流が生じている」と指摘した。

  同氏はその上で、「ビットコインは恐らく『 スティミュラス(刺激)資産』だ。金のようには見えない」との見解を示した。

  ガンドラック氏の発言は、ビットコイン投資が資産運用会社の支持を獲得しつつあり、ことによると金市場から資金を吸い上げつつある状況をうかがわせる新たな兆候と受け取れる。

  ビットコインは目を見張る高騰が続き、5万2000ドルを今週突破した。これに対し、インフレ期待が高まる状況でリスクヘッジ手段として長年選好された金は、レンジ内での取引が過去1年続き、金価格連動型の上場投資信託(ETF)からは資金が流出した。

Gold prices have slumped as investors pile into Bitcoin

原題:Jeffrey Gundlach Says Bitcoin May Be a Better Bet Than Gold(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE