, コンテンツにスキップする

トランプ氏の長女と長男、22年の米選挙に出馬しない公算大-関係者

  • 次の中間選挙でフロリダ州上院選に出馬の計画はないとイバンカ氏
  • 次男エリック・トランプ氏の妻が政界を目指す可能性は依然残る

トランプ前米大統領の長女イバンカ・トランプ氏はフロリダ州選出のマルコ・ルビオ上院議員(共和)に対し、2022年の中間選挙でルビオ議員の対抗馬として立候補する計画はないと伝えた。私的な会話だとして複数の関係者が匿名を条件に明らかにした。

  トランプ氏の長男ドナルド・トランプ・ジュニア氏もまた、次の選挙で公職への立候補を予定していないと、計画を知る関係者らは話した。トランプ・ジュニア氏は、ペンシルベニア州かモンタナ州で上院選に出馬することや、ワイオミング州で共和党現職のリズ・チェイニー下院議員の対立候補となることを勧める声があることは承知しているという。チェイニー元副大統領の娘、チェイニー議員は、トランプ前大統領の弾劾訴追に賛成票を投じ、同州共和党から非難を受け辞任圧力がかかっている。

US-POLITICS-TRUMP-PRESSER

(左から)エリック・トランプ氏、イバンカ・トランプ氏、トランプ前大統領、ドナルド・トランプ・ジュニア氏(ニューヨークのトランプタワーで)

Photographer: Timothy A. Clary/Getty Images/AFP

  ただトランプ一族のうち、前大統領の次男エリック・トランプ氏の妻、ララ・トランプ氏が政界入りする可能性は依然として残っている。同氏は公職への立候補を真剣に検討しており、共和党リチャード・バー上院議員が引退を表明しているノースカロライナ州で出馬するかまだ決断していないと事情に詳しい関係者らは語った。

原題:Trump Children Lean Against 2022 Races, Muting Dynasty Talk (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE