, コンテンツにスキップする

【今朝の5本】仕事始めに読んでおきたいニュース

  • ゲームストップ公聴会、実質利回り上昇の影響をECB会合で警告
  • 米新規失業保険申請、ポルシェ部門の上場検討、ドイツ銀の賞与総額

米国債利回りの上昇で、歴史的高値圏にある株式相場が下落に向かうのではとの懸念が広がっています。米国時間18日も10年債利回りは一時1.32%に上昇しました。このところの株式相場の軟調さについて、市場関係者の間には「小休止であって、リフレトレードが再開する公算は大きい」との見方があります。一方で「強気派の気概がまさに試される」とのも。相場の局面が変わったのか、目を凝らす展開が続きます。以下は一日を始めるにあたって押さえておきたい5本のニュース。

「略奪的な手法」

米ゲームストップの株価乱高下を巡り、下院金融委員会で公聴会が開催された。ウォーターズ委員長は株式市場の利害対立問題を掘り下げて追及すると表明。また、ゲームストップ株の荒い値動きはウォール街にスポットライトを当てるとともに、一部ヘッジファンドの「略奪的な手法」を浮き彫りにしたとの認識を示した。「米国の多くの人々は制度が自分たちにとって不利で、何があろうと常にウォール街が勝つと思っている」と、ウォーターズ氏(民主、カリフォルニア州)は述べた。

株式市場に打撃の恐れと警告

欧州中央銀行(ECB)のシュナーベル理事は1月の政策委員会会合で、世界的な実質利回り上昇が株式市場に打撃を与える可能性があると警告した。ECBが公表した1月20、21日両日の議事要旨によると、同理事は「株価は最終的に、世界的な実質利回り上昇から影響を受ける可能性がある」とし、「いっそうの持続的な実質金利上昇は、株式の相対的な魅力を急速に低下させ、それによってより広範なリプライシングをもたらすリスクがある」と指摘した。

労働市場への影響長引く

先週の米新規失業保険申請件数は4週間ぶりの高水準に増加した。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)は落ち着きつつある兆しがあるものの、労働市場は新たな打撃を受けていることが示唆された。申請件数は前週比1万3000件増の86万1000件。ブルームバーグ調査のエコノミスト予想中央値は77万3000件だった。

ポルシェ上場か

ドイツのフォルクスワーゲン(VW)は、高級スポーツカーを手掛けるポルシェ部門の上場を検討している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。上場によりポルシェのバリュエーションは向上する可能性があり、VWに多額の現金収入をもたらし得るという。関係者らによれば、VWはポルシェの新規株式公開(IPO)ないしスピンオフ(分離・独立)した場合のメリットについてアドバイザーらと協議している。VWは上場での調達資金を買収や技術投資に活用する可能性があるという。

ボーナス総額縮小

ドイツ銀行は欧州中央銀行(ECB)が支給水準に反対したことを受けて、ボーナス総額の計画を縮小した。新型コロナのパンデミックで自制を求める当局に配慮しつつ、成績優秀者に報いる難しさが浮き彫りになった。事情に詳しい複数の関係者によると、ドイツ銀は当初、2020年のボーナス総額を20億ユーロ(約2550億円)余りとする計画だった。だが、ここ数カ月でECBと交渉を重ねた末にドイツ銀が削減に応じ、ECBは反対を取り下げたという。

その他の注目ニュース

大寒波によるエネルギー危機は長期化の懸念-テキサス停電は一部復旧

米住宅着工件数、5カ月ぶりに減少-価格上昇で需要抑制の可能性

バークレイズのステーリーCEO、従業員の年内のオフィス復帰見込む

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE