, コンテンツにスキップする

テスラ、米国で「モデル3」と「モデルY」値下げ-最廉価版が対象

  • 「モデル3」を2.6%、「モデルY」を4.8%それぞれ値下げ
  • 両モデルの上位バージョン「パフォーマンス」は値上げ

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

米電気自動車(EV)メーカーのテスラは、セダン「モデル3」とクロスオーバー・スポーツタイプ多目的車(SUV)「モデルY」の最廉価版について、米国での販売価格を引き下げた。 同社のウェブサイトで明らかになった。一方、上位バージョン「パフォーマンス」の価格は引き上げた。

  モデル3「スタンダードレンジプラス」は2.6%値下げされ3万6990ドル(約390万円)、モデルY「スタンダードレンジ」は4.8%値下げされ3万9990ドルとなった。

  モデル3のパフォーマンスバージョンは1.8%値上げされ5万5990ドル、モデルYのパフォーマンスバージョンの価格は1.7%値上げされ6万990ドルとなった。

  テスラは日本でのモデル3「スタンダードレンジプラス」と「ロングレンジ」の販売価格も引き下げた。

テスラ「モデル3」日本で最大156万円値下げ、EV価格競争激化

原題:Tesla Cuts Prices on Cheapest Model 3 and Y SUV in the U.S. (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE