, コンテンツにスキップする

北米初のビットコインETFがカナダで上場、売買代金174億円

更新日時
  • パーパス・ビットコインETFがトロント市場に18日上場
  • 仮想通貨で最大規模のビットコイン、過去1年間で5倍に急騰

北米で初めてとなる暗号資産(仮想通貨)ビットコインの上場投資信託(ETF)が18日、カナダのトロント証券取引所に上場した。取引開始直後から目覚ましいスタートを切り、売買代金は1億6500万ドル(約174億円)に上った。

  「パーパス・ビットコインETF」(ティッカー:BTCC)を運用するカナダの投資運用会社パーパス・インベストメンツの発表文によると、このETFはビットコインに直接投資する。欧州にはETFと似た機能を持つビットコイン商品はいくつかあるが、公式のビットコインETFはこれが初めてという。

  ビットコインは資産家イーロン・マスク氏やヘッジファンド運用業界の大物アラン・ハワード氏、ポール・チューダー・ジョーンズ氏らを魅了している。ビットコインは過去1年で既に5倍に急騰しており、世界の市場で投機的バブル懸念に拍車をかけているものの、マスク氏が率いる電気自動車(EV)メーカー、テスラによる最近の15億ドルの購入後は特に注目が高まっている。

  

Investors rush to Bitcoin ETF amid massive rally

  ブルームバーグ・インテリジェンス(BI)のアナリスト、ジェームズ・セイファート氏によると、BTCCのどの程度の動きが同ファンドへの資金流入につながるかは不明だが、売買高はカナダ市場に上場するETFの取引初日の典型例を大きく上回ったという。

  ETF推進者はこうしたファンドについて、判断を下すには時期尚早であるものの、米国の多くのビットコイン・トラストを阻害するような大幅なプレミアムを生じることなく、取引が行われると主張している。

原題:Bitcoin ETF Roars in Debut With $165 Million of Trading Volume (抜粋)

(売買代金を更新し、アナリストのコメントを追加します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE