, コンテンツにスキップする

アップル、6G開発のエンジニア募集-他社依存避け自力で主導権狙う

第5世代(5G)移動通信ネットワークに対応した最初の「iPhone(アイフォーン)」を昨年発売した米アップルが、第6世代(6G)規格への取り組みを開始した。他社に依存することなく6G技術の主導権を自力で握る考えのようだ。

  アップルは今週、現行および次世代ネットワーク向け移動無線システムを研究するエンジニアの募集広告を出した。募集職の勤務地は、移動通信技術とチップ設計の拠点であるシリコンバレーとサンディエゴの同社オフィス。「アップル製品の将来に多大な影響を与える次世代移動通信技術を構築する、ユニークでやりがいのある機会」だと広告には書かれている。

  同社の広報担当者はコメントを控えた。

  アップルは昨年遅く、6Gおよびその他の次世代移動通信技術の標準化に取り組む電気通信標準化連合(ATIS)「ネクストGアライアンス」に参画した。

アップル、独自の内蔵セルラーモデム開発に着手-半導体責任者

6G主導権争い、早くも熱気-米、次の「軍拡競争」で失地回復狙う

原題:Apple Hiring Engineers to Develop 6G Wireless(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE