, コンテンツにスキップする

クレディ・スイス、投資銀バンカーのボーナスは増加-全行では減少

クレディ・スイス・グループでは、投資銀行部門のバンカーらのボーナスが前年から増える。全行の総額は減らすため、投資銀以外の部門は横ばいまたは減額となりそうだ。

  米国での法的費用とヘッジファンドに絡む減損で、2020年10-12月(第4四半期)は3億5300万スイス・フラン(約420億円)の赤字となった。デービッド・マザーズ最高財務責任者(CFO)は電話会議で、昨年分のボーナスの総額を約7%減らしたことを明らかにした。

クレディS、10-12月の赤字は予想より小幅-主要部門全般で業績堅調

クレディ・スイス・グループのトマス・ゴットシュタインCEO

(出典:ブルームバーグ)

  トマス・ゴットシュタイン最高経営責任者(CEO)は、業績に応じた報酬を支払う必要があることから投資銀行部門のボーナスは増えると示唆した。同部門は第4四半期に、新規株式公開(IPO)と特別買収目的会社(SPAC)のブームを追い風に好業績を上げ、トレーディング部門の不振を補うのに寄与した。

  株式引き受けの手数料は3倍以上に増え、資本市場関連の収入は74%増えた。

原題:Credit Suisse Investment Bankers Set to Take Home Higher BonusesCredit Suisse Seeks to Move Past 2020 With January Rebound (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE