, コンテンツにスキップする

南アで年内利上げの観測強まる-景気低迷の中でインフレ期待上昇

  • エネルギー価格の上昇を背景にインフレ期待が高まっている
  • ブレークイーブン・レートは2020年4月以来の高水準

南アフリカ共和国ではエネルギー価格の上昇を背景にインフレ期待が高まっている。経済は引き続き低迷しているものの、トレーダーの間では年内に利上げが行われるとの見方が広がっている。

  南アのガソリン価格に影響を及ぼす北海ブレント原油は17日に大幅上昇。電気料金の値上げが見込まれていることもあり、トレーダーの物価見通しを示すブレークイーブン・レートは2020年4月以来の高水準を付けた。

South African inflation expectations have climbed to April 2020 highs

  南アフリカ準備銀行(中央銀行)は、経済を支えるため昨年初め以降に計5回の利下げを実施。政策金利を過去最低水準に引き下げた。中銀の四半期予測モデルでは2021年4-6月(第2四半期)と7ー9月(第3四半期)にそれぞれ0.25ポイントの引き上げが示唆されている。一方、中銀当局者は先月、政策決定はデータに左右されると指摘した。

  物価上昇圧力と米国債利回りの上昇で、中銀が行動を迫られる可能性がある。金利先渡取引は、年内に46ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)の利上げを織り込んでおり、政策金利のレポ金利が3.5%に据え置かれると予想されていた今月初めとは大きく様変わりしている。

Traders have changed their minds on S. African rates from hold to hike

  債券利回りもトレーダーが利上げに備えたポジションを取りつつあることを示しており、イールドカーブはベアスティープ化している。17日の取引で南ア・ランド建て23年2月償還の国債利回りは11営業日続伸し、一時4.82%を付けた。その間、利回りは計18bp上昇。40年償還の国債利回りは同期間に計13bp上昇した。

The short-end of S. Africa's yield curve is rising faster than the long-end

原題:
Inflation Bets Put South African Rate Hike Back on the Table(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE