, コンテンツにスキップする
Photographer: Chris Ratcliffe/Bloomberg
cojp

グーグル、ニューズへの支払いで合意-ニュース使用料巡る争いが一服

  • 契約は3年間、定額制のプラットフォーム開発など盛り込む
  • 豪州で検索の巨大企業などにメディア企業への支払い義務づける法案
A visitor passes a sign featuring Google Inc.'s logo inside their U.K. headquarters at Six St Pancras Square in London.
Photographer: Chris Ratcliffe/Bloomberg

アルファベット傘下のグーグルは米メディア企業ニューズ・コープにニュース使用料を支払うことで合意した。契約期間は3年間。オンラインプラットフォーム上のジャーナリズムの価値を巡る長期間の争いはひとまず落ち着くことになる。

  ニューズの17日の発表文によると、両社は定額制のプラットフォーム開発と動画・音声のジャーナリズム育成で手を組むとともに、広告収入を分け合う。

  金融面の具体的な条件は開示されていない。米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)は事情に詳しい関係者1人の話として、グーグルがこの取引を巡りニューズに数千万ドルを支払うと報じていた。

  今回の合意で、ニュース使用を巡るオーストラリアでの論争が収まることはない。豪州ではデジタルフォーマット上でニュースが生み出した価値の対価を検索やソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の巨大企業がメディア企業に支払うことを義務づける法案が提出された。

  同法案に反対するフェイスブックは17日、豪州のプラットフォームでニュース共有を制限し始めた。法案にはグーグルも反対しているが、ニューズは支持している。グーグルは法案が成立した場合、豪州で検索サービスを停止するとしている。

  今回の合意の対象にはWSJやバロンズ、マーケットウオッチ、ニューヨーク・ポストのほか、ニューズが豪州で保有する約30の地元紙が含まれる。

関連記事
グーグルとフェイスブック、豪政府との合意近い-ニュース使用料巡り
グーグル検索のない生活、豪州余儀なくされるか-ニュース使用料対立
News Corp. dipped Wednesday after a record-setting run higher

原題:
Google to Pay Murdoch Empire for News, Settling Harsh Fight (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE