, コンテンツにスキップする

百度の1-3月売上高見通し、市場予想上回る-AIへの多角化が奏功

  • 1-3月の売上高見通しは260億~285億元-市場予想259億元
  • 百度ADRは時間外取引で一時約3%値上がり

中国のインターネット検索最大手、百度(バイドゥ)が17日発表した1ー3月(第1四半期)の売上高見通しは、市場予想を上回った。クラウドや人工知能(AI)事業に多角化する取り組みが奏功した。

  1-3月の売上高見通しは260億-285億元(約4260億-4670億円)。アナリストの予想平均は259億元だった。昨年10-12月の売上高は4.8%増と、2020年で最も大きい伸びとなった。AIクラウドなど非広告事業が52%増収となったことが寄与した。

  百度の米国預託証券(ADR)は昨年3月の安値から大きく上昇。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)からの中国経済の回復で広告支出が押し上げられたほか、同社がAI技術の収益化に動いた。百度ADRは時間外取引で一時約3%値上がりした。

Pulling out of Nosedive

Baidu's December-quarter revenue is projected to grow the fastest in 2020

Source: Bloomberg

原題:Baidu’s Stronger-Than-Expected Sales Forecast Validates AI Push(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE