, コンテンツにスキップする

【新型コロナ】韓国新規感染増加、英「ヒューマン・チャレンジ」承認

更新日時
  • インドネシア、適格な国民全員にワクチン接種義務化
  • アストラゼネカ製コロナワクチン、独などで使用回避広がる

インドネシア政府は18日、新型コロナウイルスワクチン接種に適格な国民全員に接種を義務付けると発表した。ニュージーランドは同国最大の都市オークランドのロックダウン(都市封鎖)終了後、ほぼ全ての公共交通機関でのマスク着用を義務化した。

  欧州連合(EU)の行政執行機関、欧州委員会は米ファイザーと独ビオンテックのワクチン2億回分の追加購入契約を正式に結んだ。また米モデルナにも1億5000万回分を新たに発注し、年内に供給を受けると発表した。

  ドイツでは英アストラゼネカ製ワクチンの接種が始まって間もない段階で、実際に接種されたのは供給分の10分の1未満にとどまっている。医療従事者の一部は副反応を巡り懸念を表明している。

アストラゼネカ製コロナワクチン、独仏で使用回避広がる-副反応懸念

  国連のグテレス事務総長は世界的なワクチン接種計画の策定が必要だとし、20カ国・地域(G20)に調整役を務めるよう訴えた。

  英国は健康な人に人為的に新型コロナに感染させてワクチンの有効性などを調べる「ヒューマン・チャレンジ」と呼ばれる研究を世界に先駆けて行うことになった。倫理委員会が実施を承認した。

  米ジョンズ・ホプキンズ大学とブルームバーグの集計データによると、世界の感染者数は1億980万人、死者数は242万人をそれぞれ上回った。ワクチン接種は全世界で1億8600万回を超えた。

  韓国で新たに確認された感染者は621人と6週間ぶりの多さ。前日も621人だった。旧正月の連休明けで一時的な増加か、感染再拡大かの判断はつきにくいと当局者は説明している。

  米ニューヨーク州は新型コロナウイルスの感染拡大抑制のため営業を停止していた家族向け屋内娯楽施設や遊園地などの再開スケジュールを発表した。家族向け屋内娯楽施設は3月26日から、屋外遊園地は収容率33%までで4月9日に再開する。

  米ファイザーと独ビオンテックが共同開発した新型コロナワクチンは、南アフリカで最初に確認された変異株に対しては中和抗体のレベルが3分の2ほど低いことが実験室での検査で示された。

ファイザー製ワクチン、南ア型変異株では中和抗体のレベルが低下

  米軍兵士の約3分の1がワクチン接種が可能になっても断っていたことが米国防総省の初期データで明らかになった。

  ニューヨーク市は全米各地に被害をもたらしている悪天候で新型コロナワクチンの配送が遅れているため、3万5000人の接種予約をキャンセルせざるを得なくなる可能性があるとした。

  ドイツのシュパーン保健相は英国で初めて見つかった変異株が国内感染者の20%強を占めていると述べた。

  フランス政府の報道官は、新型コロナの感染者数・死者数は「高止まり」しており、レストランやバー、文化・スポーツ施設の再開は時期尚早との見方を示した。

  台湾はビオンテックからワクチン500万回分の購入を目指していたが、土壇場で破談となった。中央通信社によると、台湾の陳時中・衛生福利部長(衛生相)は17日、中国が計画を妨害したと述べた。

原題:Vaccines Mandatory in Indonesia, Korean Cases Rise: Virus UpdateN.Y. Reopening Amusement Parks; EU Vaccine Deal: Virus UpdateN.Y. Reopening Amusement Parks; EU Vaccine Deal: Virus Update、Taiwan Health Minister Says China Blocked Vaccine Purchase: CNA(抜粋)

(韓国やインドネシアなどの情報を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE