, コンテンツにスキップする

ゲームストップ相場仕掛け人、自称アマチュア投資家提訴-株価操縦で

  • 訴えられたギル氏は公認証券アナリスト-18日に下院公聴会で証言
  • 「レディット」で最も影響力の大きい投稿者の1人だった

ゲームストップ株の急騰につながったオンライン掲示板「レディット」の人気フォーラム「wallstreetbets」への書き込みで、最も影響力の大きい投稿者の1人だったキース・ギル氏が証券詐欺で提訴された。自身をアマチュア投資家と偽り、株価を人為的に押し上げて利益を得たとされる。

  マサチューセッツ州の連邦地裁に16日に提出された訴状によると、ユーチューブ上で「ローリング・キティ」のニックネームを持つギル氏は、実際には証券業の免許を取得したプロで、自身の利益のために相場操縦したとされる。ユーチューブやツイッター、レディットを通じてゲームストップ株の取引をあおったという。

Keith Gill Roaring Kitty

キース・ギル氏

出典:YouTube

  証券関連の集団訴訟を専門とする法律事務所ハーゲンス・バーマン・ソボル・シャピロが、ワシントン州在住のクリスチャン・アイオビン氏ら個人投資家を代表して訴訟を提起した。集団訴訟の認定を求めている。

  アイオビン氏はゲームストップ株が100ドルを下回る価格で取引されていた時に20万ドル(約2100万円)相当のコールオプションを売却。その後、株価が400ドルを上回る水準に急騰し、高値でのコールオプション買い戻しを余儀なくされた。

  ギル氏は、米下院金融委員会が18日に開く公聴会で、レディットやヘッジファンド運営会社シタデル、メルビン・キャピタル・マネジメント、個人投資家に株式取引プラットフォームを提供するロビンフッド・マーケッツの幹部らと共に証言する予定。

シタデルのグリフィン氏ら証言へ-ゲームストップ株巡る米下院公聴会

  訴状によれば、ギル氏は実際にはアマチュアとは程遠く、複数のブローカーライセンスを有する公認証券アナリストで、かつては生命保険会社マサチューセッツ・ミューチュアル・ライフ・インシュアランス(マスミューチュアル)に勤務していた。ギル氏の市場での活動を監督する義務があったとして同社および証券子会社も提訴された。

  マスミューチュアルの広報担当者はこの件を検証していると述べ、それ以外にコメントはないとした。

ホテル潜伏のロビンフッドCEO、顧客から殺害脅迫も-下院証言控え

原題:‘Roaring Kitty’ Sued for Securities Fraud Over GameStop Rise (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE