, コンテンツにスキップする

米鉱工業生産、1月は製造業が予想上回る伸び-4カ月連続で上昇

更新日時

1月の米鉱工業生産指数では、製造業の伸びが市場予想を上回った。4カ月連続の上昇となり、新型コロナウイルス感染拡大による混乱からの回復が続いていることが示唆された。

キーポイント
  • 製造業の生産指数は前月比1%上昇
    • ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想は0.7%上昇
    • 昨年12月は0.9%上昇
  • 鉱工業生産の総合指数は0.9%上昇
    • 市場予想は0.4%上昇
    • 12月は1.3%上昇(速報値1.6%上昇)に下方修正

  製造業は低水準の在庫と堅調な需要に支えられている。1月は消費財や企業設備、建材など幅広い分野で生産が増えた。一方、半導体不足が原因で自動車生産は減少した。

  製造業の設備稼働率は74.6%と、前月の73.9%から上昇。鉱工業全体では75.6%(前月74.9%)に上昇した。

  統計の詳細は表をご覧ください。

原題:U.S. Manufacturing Output Rose by More Than Forecast in January、U.S. Jan. Industrial Production Rose 0.9%; Est. Up 0.4%(抜粋)

(統計の詳細を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE