, コンテンツにスキップする

サウジ政府系ファンド、米ビデオゲーム3銘柄に30億ドル超の投資

  • 昨年10-12月にアクティビジョン、EA、テイクツー株を取得
  • ムハンマド皇太子の財団の傘下企業は日本のSNKにも出資

サウジアラビアの政府系ファンド(SWF)、パブリック・インベストメント・ファンド(PIF)は、ムハンマド皇太子が長い間選好してきたビデオゲーム業界への投資を進めている。

  規制当局への届け出によると、PIFは昨年10-12月(第4四半期)に米ビデオゲームメーカー3社の株式30億ドル(約3200億円)余り相当を取得した。3社はアクティビジョン・ブリザードエレクトロニック・アーツ(EA)、テイクツー・インタラクティブ・ソフトウエア

  昨年11月には、ムハンマド皇太子の財団の傘下企業が「ザ・キング・オブ・ファイターズ」などのゲームを開発した日本のSNKの株式3分の1を取得したことを明らかにしていた。同財団は今後持ち株比率を51%に増やす方針を示している。

原題:
Saudi Wealth Fund Made $3.3 Billion Bet on Video-Game Makers (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE