, コンテンツにスキップする

バークシャー、アップル株の保有減らす-シェブロン株などの購入開示

  • ベライゾン、マーシュ・アンド・マクレナン含む3銘柄の購入を開示
  • JPモルガン、PNC、M&Tバンクは全株手放す

米著名投資家ウォーレン・バフェット氏率いる投資・保険会社バークシャー・ハサウェイは、2020年10-12月(第4四半期)にアップル株の保有を縮小した。また、非公開で新規購入していた3銘柄も明らかにした。

  16日に公表された最新の文書によると、バークシャーはベライゾン・コミュニケーションズ、保険ブローカーのマーシュ・アンド・マクレナン、シェブロンの3銘柄を買い入れたが、非開示とすることが認められ、昨年7ー9月(第3四半期)の規制当局への届け出では明らかにされていなかった。

  別の届け出によると、アップル株の保有削減を受け、バークシャーが保有する同社株の価値は20年末時点で約1200億ドル(約12兆7400億円)となった。アップルは引き続きバークシャーの最大の保有銘柄となっている。

  バークシャーは他の幾つかのセクターへの投資も変更。JPモルガン・チェース、PNCファイナンシャル・サービシズ・グループ、M&Tバンクなど一部の銀行株を全て手放したほか、ウェルズ・ファーゴ株の保有を59%減らした。また最近投資した医薬品株については、メルク、アッヴィ、ブリストル・マイヤーズスクイブへの投資を拡大する一方で、ファイザーへの投資を終了した。

原題:Berkshire Trims Apple Bet, Reveals Chevron, Verizon Holdings (1)、Berkshire Adds Verizon, Exits Barrick Gold, JPMorgan (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE