, コンテンツにスキップする

インドネシア、新たな政府系ファンドのCEOにウィラクスマ氏を起用

  • 新ファンドの規模は現在の150億ドルから最大1000億ドルに拡大へ
  • ウィラクスマ氏はプルマタ銀の前CEO、GEやKKRでも経験積む

インドネシアは新たな政府系ファンド(SWF)の最高経営責任者(CEO)にプルマタ銀行の前CEO、リダ・ウィラクスマ氏を指名した。 インフラや医療などの国内プロジェクトへの投資資金を呼び込む方針。

  ウィラクスマ氏は米国の投資会社KKRや複合企業ゼネラル・エレクトリック(GE)、保険会社アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)などで役職に就いた経歴を持つ。ジョコ大統領が16日に記者会見で明らかにした。

  インドネシア・インベストメント・オーソリティー(INA)と称する新ファンドは、CEO指名で運用開始に一歩近づいた。インドネシアは同ファンドの資産を現在の150億ドル(約1兆5800億円)から最大1000億ドルに拡大したい意向だ。

原題:Indonesia Names Wirakusumah to Helm $100 Billion Wealth Fund (1) (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE