, コンテンツにスキップする

ルノーとステランティス、一部工場で減産-半導体不足で

仏自動車メーカー、ルノーは半導体供給が不足しているため、欧州と北アフリカの一部工場で今週生産を停止する。同社広報担当者が明らかにした。

  スペインのパレンシアとバリャドリッドにある工場やルーマニアのピテシュティの施設の生産は1日停止。モロッコのタンジェの生産ラインは2日間停止する。

  フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)とフランスのグループPSAの統合で誕生したステランティスは、イタリアのメルフィの工場の稼働を2月15-16日と同月22-23日に停止する。ドイツのアイゼナハの工場は半導体不足で午前のみ稼働する。広報担当者が明らかにした。

原題:
Renault, Stellantis Cut Output at Some Plants on Chip Shortage(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE