, コンテンツにスキップする
Photographer: Andrey Rudakov/Bloomberg
cojp

LME銅、2012年以来の高値-世界的なリスクオンの株高の中

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

15日のロンドン金属取引所(LME)の銅相場は2012年以来の高値に上昇。世界的な市場のリスクオンムードが株価上昇を後押し、ドルに圧力をかけた。

  新型コロナウイルスのワクチン普及が世界経済の成長回復を支えるとの楽観的見方から銅価格は上昇。LMEの銅相場は先週に週間ベースで5.3%上昇し、昨年7月以来の大幅な上げとなった。

  15日は中国・米国市場が休場で売買が低調だったにもかかわらず、銅は値上がり。新型コロナ変異株による感染拡大で見通しが弱まる恐れがあるものの、投資家は米政府支出やワクチン普及が景気回復を下支えすると期待している。

Copper in London rises to highest level since 2012

  LMEの銅相場は一時0.9%高の1トン=8406ドルと12年以来の高値を付けた後、上げ幅を縮小し8394ドルで取引を終了。スズが3.1%上昇するなど、大半の金属が値上がりした。

原題:
Copper at Highest Since 2012 as Global Equities Extend Gains(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE