, コンテンツにスキップする

ファーストリテイリングが埋めた「ZARA」との差-日経平均で放つ圧倒的存在感

衣料品チェーン「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングの時価総額は15日の終値ベースで10兆5500億円(1002億ドル)となり、「ZARA」ブランドを展開するスペインのインディテックスの時価総額992億ドルを抜いた。昨年1月時点で約470億ドルあった差を徐々に埋めて、最近では上回る機会もみられる。株式市場からみるとFリテイリは世界最大の製造小売業の地位を固めつつある。

  日経平均株価は15日、30年半ぶりに3万円を上回って取引を終えた。米追加経済対策などを受けた世界景気の回復期待や国内企業業績の改善が寄与した。Fリテイリ株は225ある構成銘柄の寄与度約12%を占める最大銘柄で、15日には日経平均株価を約140円押し上げた。

Fリテイリとインディテックスの時価総額推移(ドルベース)

関連記事:「ユニクロ」の販管費比率改善など寄与、Fリテイリが23%増益 (3)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE