, コンテンツにスキップする

金融経済の指標で「重点的に見ているのは為替」-菅首相

更新日時

菅義偉首相は15日の衆院予算委員会で、金融経済の指標で「重点的に見ているのは為替」と述べ、為替相場の動きを注視していると明らかにした。野田佳彦氏(立民)への答弁。

  菅首相は「米国の株価とか、わが国の株価とかも見るが、基本的に為替について私自身は注視している」と語った。

  野田氏は政府が目指すプライマリーバランス(PB、基礎的財政収支)の2025年度までの黒字化は「絶対無理だ」と指摘し、今年策定する骨太の方針で現実的な道筋を示すよう求めた。菅首相は目標達成を目指して経済財政運営を進めるのは当然としながらも、骨太の方針では「今の状況の中で方向性をやはり示していく形になる」と語った。

(菅首相の発言の詳細を追加して更新しました)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE