, コンテンツにスキップする

元ゴールドマンのヒッチナー氏、医療分野のSPAC上場-378億円規模

ゴールドマン・サックス・グループで、日本を除くアジア太平洋部門会長兼最高経営責任者(CEO)を務めたケン・ヒッチナー氏は今月、域内の医療分野のディールを対象とする特別買収目的会社(SPAC)をニューヨーク証券取引所に上場し、3億6000万ドル(約378億円)を集めた。

  今月の米当局への届け出によると、ヒッチナー氏はグレート・ウォール・パン・アジア・アセット・マネジメントの責任者だったリチャード・リー氏とSPACで手を組んだ。

  届け出によれば、ヒッチナー氏がHH&Lアクイジションの会長、リー氏がCEOを務める。同社は1単位当たり10ドルで3600万ユニットを発行し、「HHLA/U」のティッカーで5日からニューヨーク証取で取引を開始した。

原題:
Former Goldman Asia Banker Hitchner Raises $360 Million for SPAC(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE