, コンテンツにスキップする

バイトダンス、TikTokインド事業売却で協議-関係者

  • 中国と係争地で対立するインド、ティックトックを無期限禁止
  • ユニコーン企業グランスへの売却検討-ソフトバンクGが協議後押し

中国の北京字節跳動科技(バイトダンス)は、傘下の動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」のインド事業を競合のユニコーン企業グランスに売却することを検討している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  協議が非公開で、まだ早期の段階にあって複雑だとして匿名を条件に話した関係者によると、今回の話し合いはグランスの親会社インモビとバイトダンス双方に出資するソフトバンクグループによって始められた。ティックトックはインドで無期限禁止となっている。

  ソフトバンクグループとバイトダンス、グランスの間で協議が進められており、いかなる取引も最終的にインド当局の承認が必要となる見通し。中国と国境の係争地を巡って対立するインドは昨年、ティックトックを含む多数の中国アプリを禁じていた。

  ソフトバンクグループとバイトダンスに業務時間外に電子メールでコメントを求めたが、返信はなかった。グランスの広報担当者はコメントを控えた。

原題:
ByteDance Said to Be in Talks to Sell Indian TikTok Assets(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE