, コンテンツにスキップする

豪ドルが対円で続伸へ、商品相場や経済成長期待で上値試す展開か

  • 19年4月の高値突破、1豪ドル=84円前後の上値抵抗線試す可能性も
  • 豪失業率低下が通貨高を下支え-18日に1月の雇用統計発表

世界経済の回復がオーストラリア準備銀行(中央銀行)による通貨高抑制の取り組みに影を投げ掛ける中、豪ドルは対円で続伸しそうだ。

  経済成長に敏感に反応する豪ドルの対円相場は、昨年3月に10年ぶりの安値を付けて以来35%上昇。2019年4月の高値を最近突破した豪ドルは、今後数週間に1豪ドル=84円前後の上値抵抗線を試す可能性がある。

  移動平均収束発散法(MACD)など主要なテクニカル分析では、上昇モメンタムは続くことが示唆されており、ヘッジファンドのポジションも一段高を示している。

Aussie-yen set to extend gains after breaching resistance level

  商品価格の着実な上昇が豪経済見通しを下支えしている上、新型コロナウイルスのワクチン接種が進み、安全資産としての円の魅力が低下している。

  レバレッジドファンドの間では、豪ドルのロングポジションが2月9日終了週にネットベースで3カ月ぶりの高水準に達した一方、円のロングポジションはネットベースで3カ月ぶりの低水準に縮小した。

  18日発表の1月の豪雇用統計は、豪ドル高観測を試すことになりそうだ。昨年12月の失業率は8カ月ぶりの低水準だった。

原題:Aussie-Yen Set to Extend Rally on Commodities and Growth Bets(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE