, コンテンツにスキップする

モルガンSがビットコイン投資も、カウンターポイントで検討-関係者

  • ビットコインが投資家にふさわしいかカウンターポイント部門が探る
  • ビットコインなど暗号資産はよりメジャーな企業にも浸透しつつある

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

モルガン・スタンレー・インベストメント・マネジメントの「カウンターポイント・グローバル」部門(運用資産額1500億ドル=約15兆7400億円)は優れた成長株の選定能力で知られるが、投資対象の候補リストに暗号資産(仮想通貨)ビットコインを加えるかどうか検討している。

  事情に詳しい複数の関係者によれば、カウンターポイント・グローバルは、ビットコインが投資家にふさわしい選択肢かどうか探っている。投資を進めるには、モルガン・スタンレー本体と規制監督当局の承認が必要だ。

  価格変動が激しく、伝統的な金融業界で広く受け入れられるに至っていないが、モルガン・スタンレーが投資先として承認すれば、約100年続くウォール街の老舗ブランドが持つ影響力の裏付けが得られる。4カ月で4倍というハイペースの値上がりが顧客の関心をかき立て、ビットコインを無視することは現状ではますます難しい。

  モルガン・スタンレーの広報担当者は、コメントを控えている。検討の結果、ビットコインに手を出さないという選択もあり得るという。

  暗号資産は早くからヘッジファンド運営会社ブレバン・ハワード・アセット・マネジメントの共同創業者アラン・ハワード氏やチューダー・インベストメントの創業者ポール・チューダー・ジョーンズ氏の目に留まったが、最近ではよりメジャーな企業にも浸透しつつある。

  米電気自動車(EV)メーカーのテスラは15億ドルのビットコイン投資を今月公表し、支払い手段としても受け入れる方針を表明。マスターカードも法定通貨との交換比率固定などの手法で価格を安定させる「ステーブルコイン」で決済を可能にすると発表し、バンク・オブ・ニューヨーク・メロン(BNYメロン)もデジタル資産の発行・保管・移転インフラを顧客に提供すると明らかにした。

原題:Morgan Stanley May Bet on Bitcoin in $150 Billion Investment Arm(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE