, コンテンツにスキップする

英GDP、10-12月は前期比1%増-昨年9.9%減と300年超で最悪

更新日時
  • 昨年のGDP、大寒波が欧州を襲った1709年以来の大きなマイナス幅
  • 10-12月は建設業の好調と政府支出で予想比2倍の成長率となった

英政府統計局(ONS)が12日発表した昨年10-12月(第4四半期)の国内総生産(GDP)速報値は前期比1%増と、市場予想を上回る成長となった。

  新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)に見舞われた2020年の年間GDPは前年比9.9%減と、大寒波が欧州を襲った1709年以来の大きなマイナス幅だった。 

Worst Since 1709

The coronavirus-battered U.K. economy contracted by 9.9% last year

Source: Office for Budget Responsibility, Bank of England, Office for National Statistics

  10-12月はブルームバーグのエコノミスト調査で0.5%成長と見込まれていた。建設業の好調と政府支出で、予想の倍の成長率となり、コロナ禍で2度目のリセッション(景気後退)のリスクは回避した。

  昨年12月は1.2%成長となり、4週間のロックダウン(都市封鎖)が実施された前月の落ち込み分の一部を取り戻した。10-12月は前年同期比では7.8%減少した。

U.K. economy grew more than expected last quarter

原題:U.K. Economy Surged in December, Capping Worst Year Since 1709(抜粋)

(詳細を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE