, コンテンツにスキップする

アムステルダム、欧州最大の株取引拠点に-英EU離脱でロンドン転落

  • 1月の1日当たり平均取引高は92億ユーロ、前月の4倍超
  • 2月はロンドン返り咲きも、スイス株取引再開で-1月は86億ユーロ

アムステルダムは1月、株取引でロンドンを抜いて欧州最大の拠点となった。英国の欧州連合(EU)離脱で、ロンドンの取引高の約半分が大陸に流れた。

  CBOE欧州のデータによると、アムステルダムでの1月の1日当たり平均株取引高は92億ユーロ(約1兆1700億円)と、昨年12月から4倍超に増加。これに対し、ロンドンは86億ユーロだった。

London's Loss

Amsterdam overtakes U.K. as Europe's biggest share trading center

Source: Cboe Global Markets

Note: data shows average daily share trading in euros

  このデータでは、ロンドンで先週再開されたばかりのスイス株取引は考慮されていない。ロンドンでの1日当たり平均取引高はなお過去の水準を大きく下回っているものの、スイス株取引の復活により、2月はロンドンが首位に返り咲く可能性もある。

  英国は昨年12月31日をもってEU単一市場にアクセスする権利を失い、EUは域内の投資家に英国からエアバスやBNPパリバなどの企業の株式を取引することを禁じた。年初以来、1日当たり60億ユーロ余りの欧州株取引がロンドンから失われている。

英国から欧州株取引が姿消す、ほぼ全てEU内に移転-EU離脱が影響

原題:Amsterdam Topples London as Europe’s Main Share-Trading Hub (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE