, コンテンツにスキップする

米ディズニーの10-12月、黒字回復-動画配信の加入者急増

更新日時
  • 加入者数は9490万人、市場予想平均の9070万人を上回る
  • ディズニープラス、「マンダロリアン」などの話題作配信が貢献

ウォルト・ディズニーは昨年10ー12月(第1四半期)決算で黒字を回復した。動画配信サービス「ディズニー+(プラス)」の加入者急増や、新型コロナウイルスの影響を受けたテーマパークの赤字幅縮小が寄与した。

  11日の発表によると、ディズニープラスの加入者数は9490万人に増加。ブルームバーグ集計のアナリスト予想平均は9070万人だった。売上高と利益も市場予想を上回り、株価は時間外取引で一時4.1%上昇した。

  ボブ・チャペク最高経営責任者(CEO)はディズニープラスの成長について、従来型メディアから脱却する方針が奏功しつつある兆しだと指摘した。ディズニープラスではスター・ウォーズの実写ドラマシリーズ「マンダロリアン」や、当初劇場公開を予定していたピクサーの映画「ソウルフル・ワールド」など話題作が配信され、同社の業績に寄与した。3月には米国の月間料金を1ドル引き上げて8ドル(約840円)にする計画だ。

Disney shares gained after it returned to profit last quarter

  10ー12月期は一部項目を除いた1株利益が32セント。市場予想平均は38セントの損失だった。売上高は162億ドルで、これも市場予想を上回った。

  新型コロナで複数のリゾートがなお営業を休止しており、テーマパーク事業が業績の足かせとなっている。経営陣は投資家との電話会議で、カリフォルニア州とパリの施設は1ー3月期中も休園が続くが、香港は比較的早い時期に再開する見込みだと説明した。

  10ー12月のコンテンツ販売・ライセンス事業は減益だった。自社の動画配信サービス向け制作を重視し、第三者への番組販売を減らしているほか、同四半期に大作映画の劇場公開もなかった。

  チャペクCEOはマーベルの映画「ブラック・ウィドウ」を劇場公開する方針を変えていないが、動画配信サービスに関して上乗せ料金を課すかどうかも含めて一部作品の直接配信を試す意向を示した。

関連記事
ディズニー株価急伸、7-9月赤字予想下回る-動画配信の加入者増加(2020年11月配信)

原題:Disney Posts Surprise Profit, Surge in Streaming Subscribers (2)(抜粋)

(経営陣による説明などを追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE