, コンテンツにスキップする

ゴーン被告逃亡ほう助容疑者、日本引き渡し保留の訴えを米高裁退ける

保釈中だった元日産自動車会長カルロス・ゴーン被告が日本国外に逃亡するのを手助けしたとして米国で拘束されている米国人2人が、日本への身柄引き渡しの保留を求めてマサチューセッツ州の連邦高裁に上訴していた問題で、高裁は11日、この訴えを退けた。これにより、2人は12日にも日本に移送される可能性が出てきた。

  元米陸軍特殊部隊(グリーンベレー)隊員のマイケル・テイラー容疑者と息子のピーター・テイラー容疑者は、新たな訴訟を提起するための時間が必要だとして連邦高裁に引き渡しの保留を求めていた。だが高裁はこの日、テイラー親子が「成功の可能性」を明確に示せなかったとして訴えを退けた。  

原題:Ghosn’s Alleged Accomplices Lose Extradition Appeal in U.S.(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE