, コンテンツにスキップする

EU、米国にWTO改革で協調呼び掛けへ-新通商戦略で中国警戒

  • EUの新通商戦略草案、WTO巡る米国の懸念は正当と認める
  • 中国に国際的な義務を履行させることを主要目標の一つに位置付け

欧州連合(EU)は米国に対し、外交政策の優先課題で歩調を合わせるよう呼び掛けを強める。欧米で統一戦線を組めば、中国に通商政策の是正で圧力を増すことができると主張する。

  EUは来週、新たな通商戦略を公表する。ブルームバーグが確認したその草案によると、EUは米国が世界貿易機関(WTO)に対して抱く懸念は正当だと認め、それを考慮に入れてWTOを改革する必要があるとの立場を示す。米国はWTOに不満を持ち、その紛争処理能力を機能不全に陥らせた。

  また、この通商戦略では中国に国際的な義務を確実に守らせることをEUの主要目標の一つに位置付ける。

  「世界的な野心を示し、独特の国家資本主義モデルを追求する中国の急速な台頭は、世界の政治経済秩序を根本的に変えてしまった」とし、「これが世界の既存の経済ガバナンスシステムに対してますます問題となってきている」と草案で指摘した。

  ジュネーブのEU代表報道官は、草案についてはなお議論が続いており、最終的な発表は17日の予定だと述べた。欧州委員会の報道官に電子メールでコメントを求めたものの、今のところ返答はない。

原題:
Europe to Coax U.S. Back to WTO Amid Growing China Challenge(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE