, コンテンツにスキップする

フィリピン中銀、主要政策金利を2%に据え置き-予想通り

フィリピン中央銀行は11日、主要政策金利の据え置きを発表した。2会合連続の据え置き。依然としてマイナス圏にある成長率の押し上げを図る必要がある一方、物価上昇圧力の高まりも見られ始めている。

  政策金利は過去最低の2%に維持された。ブルームバーグが調査した19人全員の予想通りだった。

Philippine inflation quickens amid recession

原題:Philippines Keeps Rates Steady as Inflation Begins to Accelerate(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE