, コンテンツにスキップする

マレーシア経済成長率、2020年は1998年以来の大幅なマイナス

  • 20年10-12月は前年同期比3.4%減と、7-9月を上回る落ち込み
  • 年間では5.6%減、政府見通しの3.5-5.5%減を上回るマイナス幅

マレーシアの経済成長率は2020年10-12月(第4四半期)に前年同期比3.4%減と、7-9月(第3四半期)を上回る落ち込みとなった。年間ではアジア通貨危機に見舞われていた1998年以来最大のマイナス成長となった。

  ブルームバーグがまとめたアナリスト調査では、10-12月期の国内総生産(GDP)は前年同期比3.1%減の予想だった。年間では5.6%のマイナス成長で、政府見通しの3.5-5.5%減を上回るマイナス幅となった。

  マレーシア中銀のノル・シャムシア総裁は記者団に対し、「2021年に入る中、マレーシア経済は回復方向が見込まれる。新型コロナワクチンの普及に伴い消費者および企業マインドが上向くことが予想され、世界的な需要改善が今年の成長を支える重要な要因となる」との見方を示した。

原題:Malaysia’s Economy Suffers Worst Year Since 1998 Asian Crisis(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE