, コンテンツにスキップする

米議事堂乱入、極右集団メンバーがトランプ氏の「欺瞞」を非難

1月6日に米連邦議事堂に乱入し起訴された極右集団「プラウドボーイズ」のメンバーは、トランプ前大統領の「欺瞞(ぎまん)によって惑わされた」と供述した。

  上院ではトランプ氏の弾劾裁判が2日目を迎えている。弁護士が書面で提出したドミニク・ペッツォーラ被告の供述は、民主党が前大統領弾劾の根拠として繰り返し強調する主張を裏付ける内容となった。つまり議事堂乱入は、選挙勝敗の逆転を狙った前大統領が数週間にわたり拡散した陰謀論と偽情報の結果だという主張だ。

  被告側弁護人のジョナサン・ザッカー氏が提出した供述書は、ペッツォーラ被告が議事堂に乱入したのは「最高司令官のトランプ大統領(当時)による懇願」に応じた行為であり、「犯罪的な意図ではなく、道義心に突き動かされたものだが、その道義心は恐ろしいほどに混乱し、ゆがんでいた」と説明している。

  これまでのところ、議事堂乱入に関連して200人以上が逮捕されている。ペッツォーラ被告は共謀罪と騒擾(そうじょう)罪などで起訴された。

relates to 米議事堂乱入、極右集団メンバーがトランプ氏の「欺瞞」を非難

ペッツォーラ被告(写真、中央)、1月6日議事堂内で

関連記事

トランプ氏2度目の弾劾裁判始まる-上院は賛成多数で合憲性認める

ネオ織に「下がって待機せよ」、トランプ大統領が討論中に指示

原題:Proud Boy Tells Court Trump to Blame for Inciting Capitol Riot(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE