, コンテンツにスキップする

ECB、インフレの心配が必要になるまでしばらくかかる-ラガルド氏

欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁は、「インフレを心配するようになるまでには、しばらく時間がかかるだろう」とウェブキャストのインタビューで語った。

  ユーロ圏のインフレ率は、2%弱とするECBの目標には「非常に遠い」とラガルド氏は指摘。1月のインフレ率はドイツなどで「大幅に好転した」ものの、「中期で目標値に向けてしっかりと収れんしていくことがないのは間違いない。需要の弱さや賃金の下落圧力も依然続くだろう。ECBとしては恐らく、為替レートが物価に与える影響を少なくとも注視することになる」と続けた。

  緩和的な金融政策を継続する必要があるとの認識も示した。

原題:
Lagarde: It’ll Take a While Until ECB Must Worry About Inflation(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE