, コンテンツにスキップする

長期社債にデュレーションリスク、年初来で3年ぶり大幅損失

  • アップル、バイエルなど発行相次ぎ、デュレーション長期化
  • リフレトレードの活発化も利回り押し上げ、年初来で長期債約3.2%安

長期社債への売りが加速し、債券保有者に打撃を及ぼしている。長く恐れられてきた金利リスクが、ついに火を噴いた格好だ。

  ブルームバーグ・バークレイズの指数によると、残存期間10年以上の社債のリターンは年初来で約マイナス3.2%。クレジット市場全体の2倍余りで、2018年以来最悪の滑り出しとなった。ユーロ建て社債ではトータルリターンベースで、全体がほぼ横ばいなのに対し、長期債はマイナス0.8%。

  長期の社債発行が相次ぎリフレトレードが活発化する中で、長期社債は下げを拡大する可能性がある。今年に入り米アップル、独バイエルなどが長期社債を発行し、9日には米医療機器メーカーのベクトン・ディッキンソンもユーロ建て15年債を発行した。

  この一方で、金利の変化に対する債券価格の感応度を示す指標とされる世界社債市場のデュレーションは、過去最長付近にある。

Rising yields give disproportionately hard blow to long credit

  デュレーションの長期化は米国で特に顕著で、2018年末から20%余り伸び、現在は1970年代後半以来の長さに近づいている。ブルームバーグ・バークレイズの指数が示した。ユーロ建てクレジット市場では、デュレーションは3年ぶりの長さ付近にとどまっている。

  ドイツ銀行のクレジットストラテジスト、ミハウ・イェジェック氏は「金利が上昇すれば、デュレーションの長い社債に何が起きるか不安がある」と語った。

Long Bonanza

Corporates issue a record number of ultra-long bonds after virus shock

Source: Data compiled by Bloomberg

Notes: Global high-grade issues, excludes hybrids

原題:
Credit Investors Lose Money Like It’s 2018 on Duration Risk (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE