コンテンツにスキップする
Subscriber Only

ヘッジファンド運用者の稼ぎ、2020年の上位15人合計で2兆4300億円

  • タイガー・グローバルのチェース・コールマン氏が首位
  • レイ・ダリオ氏は「ピュア・アルファII」が2年連続マイナスで番外

タイガー・グローバルのチェース・コールマン氏を筆頭に、ブルームバーグがまとめた2020年ヘッジファンド運用者収入番付で上位15人の合計収入は推計232億ドル(約2兆4300億円)となった。

  ブルームバーグ・ビリオネア指数によると、コールマン氏(45)は昨年、30億ドルを稼いだ。

Hedge Fund Titans

The top-15 earning managers collectively made $23.2 billion in 2020

Note: Income estimates based on performance of each firm’s major funds, SEC filings and Bloomberg reporting.

  ジュリアン・ロバートソン氏のタイガー・マネジメントでテクノロジーアナリストとしてキャリアを開始したコールマン氏のタイガー・グローバルは、テクノロジー企業に多く投資している。

Chase Coleman HP Social

チェース・コールマン氏

  コーチュー・マネジメントバイキング・グローバルD1キャピタルのタイガー系列の運用者もテクノロジーを選好しており、収入トップの15人に入った。

  昨年の早い時期にポートフォリオのヘッジとしてクレジットをショートし、その後は回復を見越したビル・アックマン氏は初めて15位までにランクイン。同氏のパーシング・スクエア・ホールディングスの株価が昨年83%上昇し、資産が13億ドル増えた。

  上位15人の旗艦ファンドは20年にプラス38%のリターンを上げた。ヘッジファンド全体の平均リターン9.5%を上回り、19年の上位15人によるファンドのリターン(25%)も超えた。

Turbocharged Returns

Most flagship funds run by the top-earning managers boosted gainsin 2020

Source: Data compiled by Bloomberg

  ランク入り常連のブリッジウォーター・アソシエーツ創業者、レイ・ダリオ氏はファンド「ピュア・アルファII」が2年連続のマイナスとなり番外。

  クオンツ運用のルネサンス・テクノロジーズは2つのファンドが30%超の損失を出したが「メダリオン・ファンド」の絶好調で、ルネサンス創業者ジム・サイモンズ氏の収入は推計26億ドルとなった。

  上位15位までに入った各社はいずれもコメントを控えた。

原題:Chase Coleman Leads $23 Billion Payday for 15 Hedge Fund Earners(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE