, コンテンツにスキップする

米商業会議所、初の女性トップ-スザンヌ・クラーク氏が会頭に就任へ

  • クラーク氏はコロナ感染拡大やそれに伴う経済危機への対応を主導
  • ドナヒュー会頭はバイデン大統領や大手企業CEOとの会合に出席

米商業会議所は9日、トム・ドナヒュー会頭が3月に退任し、商業会議所社長のスザンヌ・クラーク氏が会頭に就くと発表した。同氏は強力な企業ロビー団体である商業会議所を率いる初の女性となる。

  商業会議所は新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)に伴う経済的打撃や、上下両院の主導権とホワイトハウスを民主党が握る政治環境の変化などに直面。クラーク氏は昨年、コロナや経済危機への対応を主導していた。

  ドナヒュー会頭(82)は9日、ホワイトハウスで行われたバイデン大統領や大手企業の最高経営責任者(CEO)との会合に出席し、経済対策案について協議した。 長期にわたり会頭を務めてきたドナヒュー氏は来年までに退任すると予想されていた。

原題:Chamber’s Clark First Woman to Lead Top U.S. Business Lobby (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE