, コンテンツにスキップする

ディズニー、映画スタジオのブルー・スカイ閉鎖へ-元フォックス事業

  • 既にピクサーとディズニーのアニメスタジオを所有
  • コロナ禍で大作映画の劇場公開延期を余儀なくされた

ウォルト・ディズニーは傘下のアニメ製作会社ブルー・スカイ・スタジオを閉鎖する。ディズニーは2年前、21世紀フォックスのエンターテインメント資産を買収した際にブルー・スカイを獲得していた。

  9日の発表によると、同事業は今後2カ月かけて閉鎖し、約450人を削減する。25年ほど前に設立されたブルー・スカイは「アイス・エイジ」や「ブルー 初めての空へ」(原題Rio)シリーズなどの作品で知られ、2019年には「スパイ in デンジャー」を製作した。

  ディズニーは他のエンターテインメント企業と同様に新型コロナウイルスの影響を強く受け、テーマパークの休園や入場制限に加え、大作映画の劇場公開延期を余儀なくされた。同社は既にピクサーとディズニーのアニメスタジオを所有している。

  ディズニーは発表文で「足元の経済状況を踏まえ、検討や評価を重ねた結果、ブルー・スカイ・スタジオの映画製作事業を閉鎖するという厳しい決定を下した」と説明した。

原題:Disney Shuts Down Former Fox Studio That Made ‘Ice Age’ Movies(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE