, コンテンツにスキップする

シスコ株下落、パンデミックの足かせ長引くとCEO警告

更新日時
  • エンタープライズ部門の11-1月期売上高は前年同期比9%減
  • ソフトウエア収入36億ドル、初めて別個に開示

ネットワーク機器メーカーの米シスコシステムズが9日発表した2020年11月-21年1月(第2四半期)決算では、大企業向けエンタープライズ部門で売上高が大幅に落ち込んだ。チャック・ロビンス最高経営責任者(CEO)は新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が依然として成長を抑制しているとの認識を示した。

  発表資料によると、売上高は前年同期比横ばいの120億ドル(約1兆2600億円)。製品売上高は85億7000万ドルに減少した。サービス収入は約2%増の33億9000万ドル。

  エンタープライズ部門の売上高は前年同期比9%減。ロビンスCEOはパンデミックを「完全には脱していない」との認識を示した。

  シスコ株は時間外取引で5%強下落した。

Cisco fell in extended trading after reporting quarterly results

  シスコの売上高の大部分は政府機関や企業、通信事業者向けの高額なネットワーク機器販売が占める。ロビンスCEOはソフトウエアやサブスクリプション(定額制)事業に重点シフトを目指しているが、パンデミックがその取り組みを妨げている。

  同CEOは四半期のソフトウエア収入が36億ドルだったことを明らかにした。同社がソフト収入を別個に開示したのは初めて。

原題:Cisco Shares Fall After CEO Says Pandemic Drag Is Lingering (1) (抜粋)

(CEOのコメントなどを追加し、株価を更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE