, コンテンツにスキップする

【新型コロナ】香港、スポーツや外食制限緩和-ドイツも徐々に再開へ

更新日時
  • 韓国、英アストラゼネカ・オックスフォード製のワクチンを承認
  • 香港専門家委、シノバック製ワクチンの緊急使用は結論持ち越し

香港政府は18日から、屋内・屋外の全てのスポーツ会場を再開し、午後10時までのレストランでの食事を認める方針だ。食品・衛生局の陳肇始 (ソフィア・チャン)局長が10日の記者会見で述べた。

香港、スポーツ会場再開と午後10時までの外食を認める方針-18日から

  ドイツのメルケル首相も来月から、店舗やホテルを徐々に再開することを望んでいる。

  ドイツのビオンテックは国内の新工場で新型コロナワクチンの有効成分であるメッセンジャーRNAの製造を開始した。欧州でのワクチン生産量を年間約7億5000万回分引き上げる目標に近づく。

  韓国はアストラゼネカとオックスフォード大学のワクチンの使用を、高齢者を含む全ての成人について承認した。メキシコ政府は中国の康希諾生物(カンシノ・バイオロジクス)のワクチンに18歳以上を対象とした緊急使用を認めた。

中国カンシノのコロナワクチン、メキシコが緊急使用認める-18歳以上

  香港の専門家委員会は10日午後、中国の科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)のワクチンの緊急使用を認めるかどうか協議したが、結論は持ち越しとした。同社に有効性について追加データを求めることを決定し、データが得られれば2週間以内に再度会議を開く。

  米ジョンズ・ホプキンズ大学とブルームバーグの集計データによると、世界の感染者数は1億690万人を超え、死者数は234万人を上回った。ワクチン接種の回数は世界で1億3800万回を超えた。

covid-vaccine-tracker-global-distribution-world-vaccination-inline

  米ファイザーと独ビオンテックが開発した新型コロナウイルスワクチンは1回の接種で発症リスクが6割強低下したことが、英政府が確認したデータで示唆された。同データは数日中に公表予定。

ファイザー製ワクチン1回で発症リスク65%低下-英データ

  米食品医薬品局(FDA)は米製薬会社イーライリリーの新型コロナ感染症(COVID19)向け抗体薬併用療法に緊急使用許可(EUA)を付与した。

イーライリリーの抗体薬併用療法、米FDAの緊急使用許可取得

  米モデルナは台湾およびコロンビアとワクチン追加供給契約を結んだ。

  昨年9月と12月に米国で実施された調査によると、新型コロナワクチンの接種を必ず受けるもしくは受ける可能性が高いと回答した成人はほぼ半数にとどまった。米疾病対策センター(CDC)の最新報告書で明らかになった。ワクチンを巡る懸念解消にさらなる取り組みが必要なことが示された。

原題:Hong Kong to Relax Curbs; BioNTech’s New Factory: Virus UpdateH.K. Panel to Meet on Sinovac; U.K.’s Vaccine Data: Virus Update(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE