, コンテンツにスキップする

英国、新型コロナの水際対策を強化-違反者には最長10年の禁錮刑

  • 危険地域からの入国者は10日間のホテル隔離、25万円超の自己負担
  • 渡航者全員に入国後2回の検査義務付け、違反者は1000ポンドの罰金

英国は入国者に対する隔離措置を強化する。一部の国からの渡航者をホテルに強制隔離するほか、複数回の感染検査を義務付け、違反者には罰金や禁錮刑を科す。

  ハンコック英保健相が15日からイングランド地域に適用する水際対策の概要を発表した。新型コロナウイルスの危険な変異株が流入するのを防ぐのが狙い。

  この計画に基づくと、政府は危険度の高い「レッドリスト」に指定する33カ国から到着した渡航者に対して、自己負担で10日間のホテル隔離を義務付ける。費用は単身旅行者で1人当たり1750ポンド(約25万2000円)に上る。

  このほか、全ての渡航者に対して入国後2日目と8日目に感染の有無を調べる検査を受けることを法で定め、受けなければ1000ポンドの罰金を科す。到着前の10日間にレッドリスト地域に滞在していたことを隠そうとするなど到着時に記録を偽って申告した場合には、最長10年の禁錮刑が命じられる。

原題:
U.K. Threatens 10 Years’ Jail for Covid Quarantine Rule Breakers(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE