, コンテンツにスキップする

WHO調査団、研究所流出説を否定-動物が発生源の可能性高い

更新日時

新型コロナウイルスの発生源解明で中国・武漢に派遣された世界保健機関(WHO)調査団は、ウイルスは動物の宿主が媒介したか、感染した動物が冷凍された製品から感染した可能性が最も高いとの見解を示した。2019年12月より前に中国で大規模な感染があった証拠はないとも言明した。

  ウイルスが研究所から流出したという説については、「非常に可能性が低い」と、調査団を率いるピーター・ベン・エンバレク氏が9日、武漢での共同記者会見で述べた。この説に関してさらなる作業や調査は不要だとも発言した。

  「感染した人によってウイルスが市場に持ち込まれ、他の人に広がった可能性もある。業者や旅行者だったかもしれない。しかし、製品から感染した可能性もある」と、初期の感染者の多くが関係していた武漢の華南海鮮市場について語った。

  「興味深いのは冷凍した野生動物だ。これらの動物の中にはこの種のウイルスを保有しやすいことが知られているものもある」とも述べた。

  エンバレク氏はまた、「2019年の早い時期の感染を見逃した可能性について詳細かつ徹底的に調査した」が、「武漢でも他の場所でも、19年12月より前にCOVID19に関連した大規模な感染があった証拠は見つからなかった」と説明した。

コロナ起源の謎、解明難しくする中国-武漢に日常戻り真相分からずか

米ジョンズ・ホプキンズ健康安全保障センターのアメシュ・アダリヤ博士が新型コロナの期限を究明する重要性について説明

Source: Bloomberg)

原題:WHO Narrows Theories of Virus Origins Down to Two Scenarios(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE