, コンテンツにスキップする

イタリア債利回りが過去最低更新、ドラギ内閣発足を投資家は支持

9日の欧州債市場ではイタリア債が上昇している。欧州中央銀行(ECB)前総裁のマリオ・ドラギ氏による新政権樹立に、投資家は支持を示している。

  イタリア10年債利回りは0.5%まで低下し、先月記録したこれまでの過去最低を更新した。10年ほど前の欧州債務危機でイタリアの債務リスク抑制を助けたドラギ氏に対しては、初回の協議で主要政党の一部が支持する姿勢を打ち出した。

  実務家で現実主義者とのドラギ氏の評価はイタリア債とドイツ債のスプレッド縮小にも寄与している。両国債のスプレットは5年ぶりの小ささとなった。

Investors snap up Italian bonds with Draghi closing in on government

原題:
Italian Bond Yields Fall to Record Low as Investors Back Draghi(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE