, コンテンツにスキップする

ヘッジファンド、1月の運用成績はプラス0.6%-相場全般に下落でも

  • イベント・ドリブンはプラス2.1%、戦略別で最も好調
  • 1月はコロナ感染拡大や小口投資家のショートスクイーズで市場混乱

1月の金融市場は新型コロナウイルス感染の世界的急増とリテール(小口)投資家主導のショートスクイーズで混乱したものの、ヘッジファンドの運用成績はプラスだった。

  ブルームバーグ・ヘッジファンド指数の速報値によると、ヘッジファンド業界の1月の成績はプラス0.6%。運用戦略別ではイベント・ドリブンがプラス2.1%と最も好調だった一方、マクロ・ファンドはマイナス0.8%と最も不振だった。

  S&P500種株価指数は1月に1.1%下落し、2016年以降で最も低調な年初となった。新型コロナのパンデミック(世界的大流行)の先行き懸念や、ゲームストップなどを空売りしていた大手ヘッジファンドをアマチュア投資家が集団で締め上げにかかったことも市場を動揺させた。

  1月に熱狂的なデイトレーダーの動きで損失を被ったのは、スティーブ・コーエン氏やダン・サンドハイム氏、ゲイブ・プロトキン氏ら。その一方で、幾つかの株式ファンドはプラスのリターンを記録しており、グレンビュー・キャピタル・マネジメントはプラス6.4%、ファルコン・エッジ・キャピタルはプラス4.2%。

ブルームバーグ・ヘッジファンド指数はHF <GO>をクリックしてください

原題:Hedge Funds Rose 0.6% in January Even as Broader Market Fell(抜粋)

    これはブルームバーグ・オートメーションを利用して作成した記事です。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE