, コンテンツにスキップする

香港取引所、次期CEOにJPモルガンのアグジン氏指名

更新日時
  • 20年末に香港取引所CEOを退任した李小加氏の後任となる
  • 約10年間にわたり香港取引所を率いた李氏も元JPモルガン行員

香港取引所は9日、次期最高経営責任者(CEO)に米銀JPモルガン・チェースの国際プライベートバンク部門CEO、ニコラス・アグジン氏を指名したと発表した。

  任期は5月24日から2024年までの3年間。香港証券先物委員会(SFC)の承認が必要になる。発表資料で説明した。

  アグジン氏(52)は香港取引所CEOから退く意向を昨年5月に表明し同年末に退任した李小加氏の後任となる。約10年間にわたり香港取引所を率いた李氏も元JPモルガン行員。

 

Key Interviews At The JP Morgan Global China Summit

ニコラス・アグジン氏

  アグジン氏は12年から20年までJPモルガンのアジア太平洋部門の会長兼CEOを務めた。同氏は1990年に金融アナリストとして入行後、中南米部門責任者など、さまざまな投資銀行関連の上級職を経験。19年の早い時期に中南米、アジア、欧州を含む国際プライベートバンク部門のCEOに指名された。

原題:Hong Kong Exchange Names JPMorgan’s Aguzin New CEO (2)(抜粋)

(香港取引所の発表を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE