, コンテンツにスキップする

マードック家次男がメディア企業買収検討、SPAC通じ-関係者

資産家ルパート・マードック氏の次男、ジェームズ・マードック氏率いる投資会社ルパ・システムズと米ウォルト・ディズニーのアジア部門元上級幹部のウダイ・シャンカール氏は、特別買収目的会社(SPAC)を通じた資金調達計画を検討している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  非公開情報だとして関係者が匿名で語ったところでは、21世紀フォックスで最高経営責任者(CEO)を務めたマードック氏と、ウォルト・ディズニー・アジア・パシフィック前社長のシャンカール氏はSPACを通じ、メディアやテクノロジーなどの分野で複数のアジア企業の買収を目指す。両氏の合弁事業はSPACへの投資家候補とアドバイザーを募っており、関係者1人の話では、SPACの米上場も検討しているという。

  協議は初期段階であり、上場先を含むSPACの詳細は変更される可能性があると関係者は語った。シャンカール氏とルパの担当者はいずれもコメントを控えた。

  ルパとシャンカール氏は1月、 新興市場での成長機会を探るため手を組むと発表していた。

原題:
James Murdoch Is Said to Weigh SPAC to Acquire Asian Media Firm(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE